初めての精力剤

バイアグラと精力剤の違いって?

ED改善を考えたとき、精力剤の他にバイアグラなどの治療薬を使うという選択肢がありますよね。

バイアグラと精力剤では何が違うのでしょうか?
それぞれの特徴やメリット、デメリットなどをご紹介しますので、選択するときの参考にしていただければと思います。

どんなもの?
バイアグラ ED(勃起不全)への効果が認められている薬です。
バイアグラの他、レビトラ、シリアスなどが日本では認められています。
性交の前に服用することで強制的に勃起を促すことができます。
精力剤 医薬品ではないためEDの効果を謳うことはできませんが、様々な栄養素が男性のチカラアップのために動いてくれます。
毎日飲んで身体の隅々からゆっくりと働かせるタイプが多いです。
身体の中でどう動く?
バイアグラ 陰茎が勃起するには性的興奮があった場合に脳から刺激が出て、陰茎の中でcGMPという血管を広げる物質が出ます。
血管が広がると血流量が増えるため、陰茎が勃起するという仕組みです。

そして射精などにより興奮が収まるとPDE5というcGMPを壊す酵素が出てくるため血管が元に戻り勃起が収まります。

加齢やストレスなどにより勃起を起こすcGMPは減少してしまうのですが、PDE5の量は変わりません。
つまり血管を広げるだけのcGMPがなくなってしまい、勃起しなくなってしまいます。

バイアグラはPDE5の働きを邪魔してくれる効果があります。
そのためcGMPが働くことができるようになり、勃起するようになると言う仕組みです。

精力剤 様々な滋養に良いとされている栄養素が配合されていることが多いです。
もちろんシンプルに1つの成分が100%配合されている商品もあります。

精子の量を増やすと言われている亜鉛や、身体を温めることで血流を良くするマカやショウガ類、cGMPの発生を促す一酸化窒素の生成を助けてくれるアルギニンなど多岐に渡ります。

そのため、自分にあった精力剤を見つけることが大切です。

副作用は?
バイアグラ 血管を広げる作用は全身に効果が出てしまうため、頭痛や火照り、動悸などの副作用が出ることがあります。

メーカーの実験では約4割の人に副作用が現れたとされていますが、実際には何らかの副作用を感じる人は9割以上とも言われています。
場合によっては胸痛や吐き気が強く、使用を中止せざるを得ない場合もあります。

精力剤 中身が食品のため、強い副作用は報告されていません。
可能性があるとすれば、食品に対するアレルギー反応のみです。

ここまでそれぞれの特徴について触れてきましたので、メリット、デメリットをまとめてみたいと思います。

メリット
メリット
バイアグラ
  • 即効性がある
  • 全く勃起しない完全EDでも効果が出ることがある
  • いつどれくらい飲めば良いのかわかりやすい
  • 人によっては2回戦を終えても強く勃ち続けるほど効果が出ることもある
精力剤
  • 健康食品のため、通販や店頭で気軽に購入できる
  • 体や心臓に負担をかけることなく、緩やかに効き目を実感できる
  • 勃起が収まらないなど極端な効き方がない
  • 副作用がないたま安心
  • 薬を飲んでいても大丈夫(持病がある場合には念のため医師、薬剤師に相談)
  • 長く服用することでペニスのサイズに変化が出ることも
  • 疲れが出にくくなるなど体調面にメリットも
デメリット
バイアグラ
  • 医療用医薬品のため病院に受診しなければ買うことができない
    (個人輸入は粗悪品を掴まされることが多いので危険)
  • 硝酸薬使用中など心臓病を患っている場合は服用できない
  • 空腹時、性交30分前に服用するなど決まりを守らなければ効果が得られないことがある
  • 副作用で体調を崩すことも多い
精力剤
  • 全く勃起しない完全EDにはなかなか効果が出ない
  • 即効性はあまりない
  • 長期に渡って飲む必要があり、場合によってはお金がかかったり飲み忘れの心配も
  • 体質に合っていないとなかなか効果を感じられない場合もある

バイアグラも精力剤も、それぞれにメリット、デメリットがあります。
どちらが良いと言うわけではなく、自分の体調や状況にあったものを選ぶことが大切です。

とりあえずはバイアグラで補助しつつ、精力剤を続けておくことで自然な勃起を待つと言うのも良い方法かもしれませんね。

精力剤は商品によっては効果を感じられない場合には返金が可能な場合もあります。
まずは試してみてから考えるというのもアリではないでしょうか?